青系のカーテンの特徴

集中力を高めたい時に最適

部屋のインテリアとしてカーテンは欠かせないものです。ただ、どのように部屋に合うカーテンを選べばいいのか迷ってしまう人も少なくありません。一口にカーテンといっても様々なカラーがありますが、集中力を高めたいという方に最適なのが水色や紺色などの青系のカーテンです。青色には、人間の気持ちを鎮静化させて集中力を高める作用があります。そのため、仕事や勉強に打ち込みたい、趣味に時間をかけたいという方にぴったりです。その他にも、青系のカーテンには人間の緊張をやわらげてリラックスさせる作用もあります。したがって、夜によく眠ることができない人は寝室に青色のカーテンを取り入れてみると良いでしょう。すると、心と体の緊張が解れてぐっすりと眠りやすくなりますよ。

キッチンには向いていません

水色や紺色などの青系のカーテンは気分をリラックスさせてくれる作用がある反面、食欲を抑えるという心理的な作用もあります。つまり、家族みんなでご飯を食べるキッチンやリビングルームには適していないと言えます。ダイエット中で食事制限をしている方にとっては良い影響をもたらしますが、基本的には家族が集合する部屋に使わない方がいいでしょう。どうしてもリビングルームに青系のカーテンを取り入れたいならば、オレンジや赤などの暖色系のインテリアを加えると良いです。青色は寒色系なので、暖色系の色を加えることで食欲を抑える作用を中和することができます。また、青色は緑との相性が抜群なので、観葉植物などを部屋に置けばより居心地の良い空間に仕上がりますよ。